かてきょManual 家庭教師会社の選び方 家庭教師のメリット&デメリット 家庭教師を選ぶPOINT1 家庭教師を選ぶPOINT2 家庭教師になるには? お問い合わせ
かてきょManual

家庭教師会社の選び方

家庭教師派遣会社の選び方や、上手な利用方法についてご紹介していきます。

家庭教師派遣会社のメリット& デメリット
家庭教師派遣会社で、家庭教師を依頼するときのメリット&デメリットについてご紹介します。

悪徳業者には要注意!

一般に家庭教師を派遣する際に、教材は家庭や学校で使用しているもの、通っている塾のテキストなどを使用することがほとんどとなっています。新しく購入する場合でも、大手予備校系の通販などで販売されているテキストなどを指導してくれる家庭教師と相談をしてから決めます。

最初に教材購入をすすめる業者は、家庭教師派遣会社ではなく、高額教材販売会社だと思ったほうがいいでしょう。子供を一度も指導をせずに使用するテキストは決めることが出来ません。絶対に契約はしないようにしましょう。 PR

料金に見合ったサポートがあるか

家庭教師会社で家庭教師を依頼すると、一時間あたりの授業料がかなりの高額となるようです。授業料の中から中間マージンという形で家庭教師会社に儲けるシステムになっているところがほとんどのようです。実際に支払われる金額は、授業料の40〜50%が一般的のようです。

家庭教師センターや会社を選ぶ際には、費用に見合ったサービスを受けることが出来るのかどうかをよく確認をして選ぶといいでしょう。

希望をする教師が来るか

家庭教師を探す際に、全て会社にお任せをしてしまう家庭があるようですが、これではいい家庭教師を派遣してもらうことは出来ません。

個人の契約よりも高い費用を支払っているので、出来るだけ希望を細かく伝えるといいでしょう。それで、希望通りの家庭教師が面接に来れば、その会社はいい会社だと言えるでしょう。

授業料によって見分ける

家庭教師会社を利用して家庭教師を依頼するときの授業料は会社に払う手数料込みで設定されているのが一般的のようです。

例えば授業料が1時間3000円と表示がある場合、だいたいの家庭教師の時給は1500円〜2000円になるでしょう。学生にとっては妥当な金額でしょう。でも、1時間1500円以下で1回1時間半の家庭教師の場合だと、学生には個別塾の講師や飲食店のほうが割りのいいアルバイトに感じてしまうでしょう。それなりの時給でなければ、いい家庭教師は集まらないでしょう。

また、授業料は安いけれど家庭教師にいくら支払っているのかを直接業者に確認したり、面接に来た家庭教師に聞いてみるのもいいでしょう。授業料が高い分のサポートを家庭教師会社に期待できるかどうかも、家庭教師会社を選択する基準となるでしょう。

Valuable information

岡山 前撮り
http://kurashiki-maedori.jp/
太陽光発電 アパート
http://www.yokohamah.jp/apm_index.html
通販でプリザーブドフラワー
http://bv-flower.com/
名前入り プレゼント
http://bv-naire.jp/
柴犬 子犬
https://koibuchikensha.com/

2016/8/31 更新